こんにちは。
獣医師の伊藤です。

これから心臓病の犬についての大事な話をします。

あなたが、

  • 愛犬を少しでも長生きさせたい
  • なるべく健康でいてもらいたい
  • 幸せでいて欲しい

と思うならきっと役に立ちますので、どうぞお付き合い下さい。

「あと、どれだけ生きるのか?」よりも…

いきなりの質問で恐縮ですが、

愛犬の心臓病について、あなたが今一番気になること

はどんなことでしょうか?

例えば、

  • あとどれだけ生きるのか?
  • この先どんな症状が出てくるのか?
  • もう薬を飲ませた方が良いのか?
  • 薬の副作用は大丈夫か?
  • 心臓に良い食事は?
  • ○○は食べさせても大丈夫か?
  • 心臓に良いサプリメントは?
  • 運動はどれだけさせていいのか?

などは、僕が診察でよく質問されるものです。
あなたも同じようなことが気になりますか?


人によって悩みは違うと思いますが、今回伝えたいのは、

上記の点ばかりが気になるなら、要注意

ということなんですね。


気になる気持ちはよーく分かるし、ダメだとは言いません。
でも、そこに集中してしまうと、報われないし、余計な心配を抱え込むし、色々と苦労する結果に近づいてしまいます。

ぜひともあなたには、もっと重要なところに注目してほしいんです。
大切な愛犬のためにも。

「心臓病=絶望」か?

今まで心臓病の犬をたくさん診てきて、気が付いたことがあります。

それは、同じ心臓病なのに、

  • 毎日楽しく幸せにやっている家庭
  • 色々と苦労して大変な家庭

の2つが存在することです。

これは咳や呼吸困難を起こすような重症だったとしてもです。
心臓病なのに、悲壮感が無い家庭があるんです。

それどころか、

「先生、この前ね、○○に遊びに行ってきたんです。
これ、その時の写真。見てやって下さい。
ウチの子すっごくはしゃいじゃって、帰りなんか車の中でぐったりでしたよ。
心臓さらに悪くなったんじゃないかっていうくらい(笑)」

と、心臓病をネタに冗談を言ってくる飼い主さんすらいます。

犬の方も幸せそうで、診察の間中、嬉しそうに尻尾をブンブン振っていたりします。
おまけにこういう明るい家庭の犬ほど心臓が長持ちするし、苦しまない印象すらあります。(僕の思い込みかもしれませんが)


こんな家庭が存在することについて、あなたはどう思いますか?
愛犬が心臓病になったら、本当に絶望的な事態だと思いますか?

落ち込んじゃうのは、普通です。

とは言え、

「本当は絶望的じゃないのかもしれないけど、そんな簡単じゃないよ。
飼い主としてはやっぱり心臓のことが気になるし、落ち込むし、不安になっちゃう。
明るく楽しくなんて難しいよ。」

という気になったかもしれません。


それはそれで構いません。


大切な愛犬が心臓病になれば、そりゃあ普通は気になりますし、不安にもなりますよね。
獣医さんから心臓病と告げられた瞬間、頭が真っ白になるのもよく分かります。
何かあるたびに「心臓は大丈夫だろうか?」と心配になるのも理解できます。

それはごくごく自然な反応ですし、実際、そういう飼い主さんの方が多数派です。

あなたが前向きに考えられなくても、決して特別なことではありませんから、必要以上に自分を責めなくたっていいんです。

心臓病の愛犬を救うのは、どんな飼い主か?

しかし、「今の」あなたがどう思うのかはさておき。

過去は変えられませんけど、未来は自分の意思で変えていけます。
「今後の」あなたは、

  1. 愛犬が心臓病でも、明るく楽しく暮らせる飼い主
  2. 愛犬の心臓病に不安いっぱいの毎日を過ごす飼い主

のどっちになりたいでしょうか?


どちらを選んでも個人の自由です。

でも、きっと前者の方がいいですよね?
愛犬を救い、より幸せにできる可能性が高いのも、きっと前者ですよね?

「心臓病の愛犬を救える飼い主」になるために必要なことを教えます。

さきほど、「愛犬が心臓病になれば、落ち込むのも当たり前」と言いました。

では逆に、なんで明るく楽しく暮らせる飼い主さんがいるんでしょうか?
彼らは特別な人なんでしょうか?
頭がおかしいんでしょうか?(笑)


違います。


明るく楽しく暮らし、良い結果を出せる人達には、ある共通した特徴があります。
そして、あなたもその特徴を学びさえすれば、そうなれるんです。

今まで大勢の飼い主さんを見てきた経験上、そう言えます。
「知っているか、知らないか」だけなんです。


あなたが注目すべきは、この部分です。

「どれだけ生きるのか」とか「薬の副作用は?」とか「心臓に良い食事は?」とか枝葉のことを考える前に、まずはここを知っておくべきなんです。


そこで今回、あなたと愛犬により良い結果を得てもらうために、

「心臓病の愛犬を救う3つのポイント」

と題したセミナーを作りました。

多くの飼い主さんが見落としているけれど、本質的に大事なところ。
良い結果を出している飼い主さんが持っている特徴。

それをWebセミナー(インターネットで受講する動画のセミナー)の形で解説します。

追加の情報も受け取れます。

セミナーの補足も兼ねて、犬の心臓病についてのメールマガジンも発行します。

犬の心臓病の基礎知識から最新情報、診療現場からの情報など、あなたの役に立つ内容をお届けします。

  • 心臓病の犬の余命について
  • 塩分のホントについて
  • 診療費の裏側について
  • 獣医さんとの信頼関係について
  • 飼い主が知っておきたいお薬の情報について

などに興味があるなら、お勧めです。

ご希望でない場合は簡単に配信解除が可能です。
迷惑メールを送りつける気はありませんのでご安心下さい。

よくある質問

  • 申し込んだら、ペットについての相談に乗ってもらえますか?
    いいえ。
    恐縮ながら時間的に難しく、有料で僕の診療や相談を受けている方に失礼にもなりますのでご遠慮頂いております。
    何かあればかかりつけの先生とよくご相談下さい。
  • 名前やメールアドレスを明かすのが不安です。
    お気持ちはよく分かります。
    今まで頂いたお名前やメールアドレスはセミナー受講の案内と情報配信以外で用いたことはありませんが、昨今は個人情報を悪用したニュースなども聞きますし、ご不安が強いようでしたら無理はなさらないで下さい。
    また、そもそも信用出来ない人間の話を聞いても、納得は得られにくく、あなたの貴重な時間の浪費になります。
    「信用は出来ないけど、情報だけは欲しい」という行動をされる方(偽名を使って申し込まれる方など)は、お互いのために情報提供を停止させて頂くことがありますのでご了承下さい。
  • 申し込んだけど連絡が来ません。
    恐らく僕からの自動返信メールが届かない設定になっています。
    こちらを参考に連絡が取れる設定をお願いします。
    恐縮ながら、伊藤には個別の対応をする時間はありませんので、ご自身の責任と行動での設定をお願い致します。

内容まとめ

ここまでお読み下さり、ありがとうございました。
長くなりましたので、以下に内容をまとめておきます。

心臓病の愛犬を救う3つのポイント

  • 形式
    Webセミナー(約70分)
    ※インターネットで受講する動画のセミナーです。パソコン、スマートフォン(iPhoneなど)、タブレット(iPadなど)など、ネット環境があれば大抵受講可能です。
  • 受講料
    無料
  • 受講までの流れ
    この下にあるフォームに必要事項を入力して送って下さい。
     ↓
    自動返信メールが届きます。
     ↓
    そのメールの案内に従って、今すぐに受講可能です。

受講申し込みはこちらから

以下のフォームに必要事項をご記入の上、お申込み下さい。
すぐに自動返信メールが届きます。

今までの経験上確信を持って言えますが、飼い主が学ぶことは大きな力になります。
学んだ知識を生かして、愛犬をより幸せにしてあげて下さい。

姓 * 名 *  
メールアドレス *
備考

*は必須入力です

a:46766 t:2 y:18