身体検査

どういう検査なのか?

愛犬を見たり、触ったり、音を聴いたりして体の状態をみる検査です。
いわゆる「獣医さんに診てもらった」っていうときは大抵この身体検査のことを指します。

この身体検査は、診察の基本中の基本で、とても大事です。
身体検査を飛ばして他の検査(例えば血液検査)に進むという事はそうありません。

基本でシンプルなゆえに奥が深く、経験の差が表れやすい検査でもあります。

身体検査は「鼻先からしっぽまで」とも言われるように、くまなく全身を診ていく検査ですが、その中でも僧帽弁閉鎖不全症の子の場合、特に注意するのは、

  • 体重・体格
  • 心拍数
  • 心音
  • 呼吸数
  • 呼吸の仕方
  • 肺の呼吸音
  • 顔つき
  • 粘膜の色
  • 首の血管
  • 股の血管

などのポイントです。

何が分かるのか?

  • 僧帽弁閉鎖不全によって出てきている症状
  • 病気の進み具合

の情報が得られます。

どちらもとても大切で、これらによって

  • 薬を使うか・使わないかの決定
  • 薬の量の決定

をします。

検査のメリット・デメリット、得意・不得意は何なのか?

メリットはたくさんあります。

  • 簡単に行えて
  • 大した器具も必要とせず
  • 動物の負担も少なく
  • 得られる情報はとても多い

という素晴らしい検査です。

逆に、デメリットはあまり思い当たりません。
やらない手はないですね。


a:22824 t:7 y:7