獣医師が伝える、犬に一番多い心臓病(僧帽弁閉鎖不全)の詳しい情報

お薬について

  • あっちの動物病院でもらったこの薬は合ってるんでしょうか?
  • ネットで調べたら○○っていう薬が効くって書いてあったんですけど、本当ですか?
  • この薬の量はもっと増やした方がいいんじゃないでしょうか?

というような質問を聞くことがありました。

最近は色々な情報が飛び交っていますので、それを見て不安になる場合も多いと思います。
しかし、どの薬をどう使うか?まで判断するためには専門知識を必要とします。
薬の使い方まで判断できるようになるより、獣医さんといいコミュニケーションをとって話を聞き出す努力をした方が効率的ではないかな…と僕は思います。

でも愛犬が何の薬を飲んでいるのかは気になるでしょうし、長く飲み続ける薬も多いですから、薬についてある程度知っておくのは良いと思います。

ここでは心臓病の時に獣医さんからもらう代表的なお薬について説明します。

ACE阻害薬(えーすそがいやく、えーしーいーそがいやく)

僧帽弁閉鎖不全症の治療で恐らく一番使われており、心臓病と分かったら一番最初に処方されるお薬です。

血液が逆流するようになりポンプとしての効率が悪くなってしまった心臓は、いつもより頑張って血液を送り出そうとします。
そんな心臓に対して「まあそんなに頑張らなくてもいいよ」と休ませてあげるお薬です。
結果として、心臓が長持ちするようになります。

僧帽弁閉鎖不全症への効果は証明されていますが、効き目は強いわけではありませんし、効果を得るにはずっと飲み続ける必要があります。
(なので効果が感じられず飲むのをやめちゃう人が多い薬でもあります)
でも、その裏返しでとても安全性の高いお薬です。
副作用もほとんどありません。

商品名 エナカルド、フォルテコール、エースワーカー、バソトップ など

利尿薬(りにょうやく)

おしっこをたくさん出させるお薬です。

おしっこは血液を濾過(ろか)して作られますので、

  • おしっこがたくさん出る
     ↓
  • 体の水分、血液の量が減っていく
     ↓
  • 心臓が送り出さなければならない血液も減る
     ↓
  • 心臓がいつもより楽出来るようになる

という感じで心臓の負担を減らします。

心臓病が進行するとうっ血が進んできますが、
そのうっ血を改善するのにとても効果があるお薬です。

また、肺水腫は肺のうっ血によって起こるため、
利尿薬は肺水腫に対してとても効果があります
重度の心臓病の子には必須と言っても良いくらいのお薬です。

よく効くかわりに、効きすぎると水分を失って脱水になったり、腎臓の働きに影響が出るなどの副作用もあります。
そのため獣医さんはその子の状態を見て薬の量を決めています。
家庭では、お水は充分飲めるようにしておいて下さいね。

商品名 ラシックス、アルダクトン、ルプラック など

強心薬(きょうしんやく)

血液を送り出す量が減ってしまった心臓に「もっと頑張れ」というお薬です。

血液を送り出す量が増えるので見た目には元気になりますが、心臓にはある程度は負担がかかります。
そのため「心臓が弱ったときに一時的に使う」という使い方が増えてきました。

ジギタリス(商品名 ジゴキシン、ジゴシンなど)というお薬が強心薬として処方されることが多いと思います。

このお薬は強心薬としての働きもあるのですが、心臓の負担を減らしたり、心臓を休ませる効果も多く持っているためにそれをトータルに考えてよく使われています。
大抵は問題ありませんが、他のお薬と比べると副作用に注意が必要です。
自宅で元気や食欲がなくなったかな?と感じた場合はかかりつけの先生に報告するようにして下さい。

最近は違うタイプの心臓に負担をかけにくい強心薬も開発されてきました。
状況に応じて処方されると思います。

商品名 ジゴキシン、ベトメディン、アカルディカプセル など

ピモベンダンについてもっと詳しく知りたい方はこちら
ピモベンダン(ベトメディン、アカルディ)について

血管拡張薬(けっかんかくちょうやく)

その名の通り、血管を拡張させるお薬です。

  • 血管を拡張させると血圧が下がる
     ↓
  • 血圧が下がると、心臓が血液を送り出すのに必要な力が少なくなる
     ↓
  • その結果、心臓が楽出来る

というお薬です。

僧帽弁閉鎖不全症が中程度〜重度の状態で使われることが多い薬です。
副作用は少ないですが、使い始めに元気がなくなったりふらつきが見られるようでしたら病院に相談して下さい。

商品名 ニトロール、ニトロールR、ノルバスク など

β遮断薬(べーたしゃだんやく)

他の薬に比べると新しい薬です。

働きとしては他の薬と似て、心臓に「そんなに頑張らなくてもいいよ」と休ませてあげるお薬です。
我々も運動したり、興奮したりすると心臓がドキドキといつもより頑張り始めますが、それを抑える効果があります。

症状が軽めな頃から飲み始めることが多いほか、不整脈の治療にも使われることがあります。

ちゃんと使えば危険ではないのですが、急に効きすぎないように、少なめの量で飲み始めて、少しずつ効き目のある量に増やしていく使い方が多いと思います。
自宅で元気、食欲がないと感じたり、ふらつきが見られたらかかりつけの先生にお話しして下さい。

商品名 アーチスト など


a:90061 t:11 y:103

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional